無垢材の床材のフローリングのデメリット

無垢材の床材のフローリングは、人気がありますが、デメリット もあります。
無垢材の床材は変形が生じることがあります。
木は周りの湿度環境により吸放湿するわけですが、そのタイミングで反りやねじれが発生します。
これによって、フローリングを無垢材の床材にすると、隙間が空いたり反りが引き起こされるなど、形や寸法の変化が発生してしまうことがあります。
それを受けて、安定という点では合板と照らし合わせると見劣りします。
無垢材の床材については乾燥自体が不備であると割れもしくはねじれ、反りなどが引き起こされることがあることから、乾燥をきちんと行い、含水率を一定以下にキープするが大事になってきます。
フローリングにおいて無垢材を取り入れることを考えているケースでは、こういったポイントを抑えておく必要があります。
また、販売価格が合板よりも高額というデメリットもあります。
無垢材については合板とは違い原木から取ったものを活用するため、活用することができる量が限られています。
したがって材料費がかかります。